Norr

北欧情報メディア

伝統 / Tradition 文化 / Culture 記事 / Article

北欧版大和魂!?「ヤンテの掟」って?

こんにちは!Mioです。

今日は北欧諸国に伝わる「ヤンテの掟」について紹介しようと思います。


ヤンテの掟とは?

1933年にデンマーク・ノルウェー人作家Aksel Sandemose(アクセル・サンデモーセ)が出版した小説のなかに登場する架空の村Jante(ヤンテ)において、住人が守るべきとされている十戒のこと。

これが現在に至るまで、
言うなれば日本の「大和魂」の様に、北欧民族固有の精神として受け継がれてきました。

Jantelovens 10 bud(デンマーク語ver.):

  1. Du skal ikke tro, du er noget.
    自分が特別だと思ってはならない。

  2. Du skal ikke tro, at du er lige så meget som os.
    自分が私たちと同じくらい優秀だと思ってはならない。

  3. Du skal ikke tro, at du er klogere end os.
    自分が私たちより賢いと思ってはならない。

  4. Du skal ikke bilde dig ind, at du er bedre end os.
    自分が私たちよりも優れていると思ってはならない。

  5. Du skal ikke tro, at du ved mere end os.
    自分が私たちよりも多くを知ってると思ってはならない。

  6. Du skal ikke tro, at du er mere end os.
    自分が私たちより重要だと思ってはならない。

  7. Du skal ikke tro, at du dur til noget.
    自分が何かに秀でていると思ってはならない。

  8. Du skal ikke le ad os.
    私たちを笑ってはならない。

  9. Du skal ikke tro, at nogen bryder sig om dig.
    誰かが自分を気にかけてくれると思ってはならない。

  10. Du skal ikke tro, at du kan lære os noget.
    自分が私たちに何かを教えることができると思ってはならない。

ここでいう「os(=私たち)」とはJante(ヤンテ)村の住民を指します。
現実社会に当てはめて考えると、デンマークならデンマーク国民、スウェーデンならスウェーデン国民のことを指していることになります。



どうでしょうか。この十戒、とても謙虚な印象を受けませんか?
自分がへり下ることで、他者を尊重すべきと言っている様にも感じます。


私はこのヤンテの掟が、北欧社会の特徴である「平等」の考え方に深く関連づいているのではないかと思います。

北欧は「アメリカン・ドリーム」のような一発逆転を目指せる社会というよりも

みんなが働いて、高い税金を納めて、同じようなサービスを受けることで
「みんなで幸せになろう!」という社会。

そんな社会の中で「私は誰よりも優れている!私だけ幸せになるんだ!」
と和を乱す者が現れるとどうなるでしょうか?

「平等」の上に成り立つ社会が崩れてしまいます。


デンマークに留学していた頃、ある授業で先生が

「デンマークは人々の『信頼』で成り立っている社会だ。」

とおっしゃっていました。



そんな信頼関係が大切にされている北欧社会では、
他者を尊重する教えである「ヤンテの掟」が
人々の持つ共通の価値観として、重要な役割を果たしているのかもしれません。

参考:
https://www.kristeligt-dagblad.dk/10-vigtigste-ting-vide-samfund/jantelovens-10-bud

Please follow and like us:

Follow me!

Recommended
移民大国として知られ…
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial