北欧情報メディアNorr

北欧情報メディア

スウェーデン / Sweden デンマーク / Denmark フィンランド / Finland 観光 / Sightseeing 記事 / Article

[暫定版]北欧までどうやって行く?2020年エアライン別まとめ

観光客誘致に積極的な昨今の日本ですが、嬉しいことにそれは北欧諸国も同じです。

日本政府観光局(JNTO)による統計データでは、2017〜2018年の訪日観光客数は北欧4カ国(アイスランドはデータなし)とも増加していて、特にデンマークからの観光客が前年比20%ほど増加しています。日本から北欧諸国への出国者数も同様に増加しています。

2020年3月29日(日)より、羽田空港の昼時間での国際線発着枠が拡大することにより、日本と北欧の運航便でいくつか変更点があります。中でも大きな変化が、先日発表された羽田−ストックホルム便の就航です。

これを決めたのは全日本空輸(ANA)です。来年のサマーダイヤから羽田−ストックホルム間での就航が始まります。又、フィンエアーでは今年の12月より17年ぶりに札幌−ヘルシンキ便を就航することになっています。下記にまとめた、各エアラインごとの変更点で詳しくご確認ください。

そんな近年大きく変動している日本と北欧の空の玄関について、グラフィックとともにまとめました。渡航をお考えの際にぜひご活用ください。


※注意点としては、成田発着便と羽田発着便です。距離が近いので、見間違いにはご注意ください。
※尚、下記グラフィックは2020年のサマーダイヤの路線を表しています。現状の路線ではありません。

Ad Link




©️北欧情報メディアNorr




グラフィックで確認した就航都市について、各エアラインごとにまとめました。




全日本空輸(ANA)


ライター撮影


先日のニュースで北欧界隈を騒がせた、羽田−ストックホルム便。2020年のサマーダイヤから就航します。日本のエアラインでストックホルムと日本の都市が就航するのは、史上初めてのようです。

ANA公式HPによると、航空券の予約、販売開始時期は2019年12月中旬を予定しているとのこと。運航開始日、運航ダイヤなどの詳細については改めて案内があるようです。

羽田−ストックホルム線に関する詳細はコチラ(全日本空輸HP)


[2020年サマーダイヤ就航都市情報]
羽田(HND)− アーランダ(ARN)



[全日本空輸HP]
https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/




日本航空(JAL)


ライター撮影


日本航空での変更点です。これまでフィンエアーとのコードシェア(共同運航)を含めて、成田−ヘルシンキ便が就航していました。

羽田空港の昼時間での国際線発着枠拡大に伴って、このうち一部の便が羽田発着になります。つまり、JAL利用時のヘルシンキまでのルートがこれまでの成田発着に加えて、羽田発着にも拡大するということです。

JAL公式HPによると、変更日は羽田発の便で2020年3月29日(日)から。ヘルシンキ発の便は3月28日からのようです。

増便ではなく、一部便での発着地の変更になるので、ご予約の際は改めてご確認ください。
※2020年3月29日からの一部変更に関してはコチラ(日本航空HP)


[2020年サマーダイヤ就航都市情報]
成田(NRT)− ヴァンター(HEL)
羽田(HND)− ヴァンター(HEL)


[日本航空HP]
https://www.jal.co.jp/inter/




フィンエアー(Finnair)


©️Finnair


日本から最短でいけるヨーロッパの国フィンランド。そのシンボルとも言えるフィンエアーは日本の複数都市に就航しています。日本からヘルシンキへのアクセスが良い上に、ヘルシンキはヨーロッパのハブ空港としての重要(ヨーロッパ100都市以上に乗り換え可能)であることからヘルシンキ経由でヨーロッパに入る人も多いかもしれませんね。


現在のヘルシンキとの就航都市の運航頻度は以下の通り。


  • 成田空港(NRT):週14便
  • 中部国際空港(NGO):週7便
  • 関西国際空港(KIX):週10便
  • 福岡空港(FUK):週3便


フィンエアーでの変更点は大きく3つ。
1つ目は、冒頭でもご紹介した札幌便の再就航です。実に17年ぶりの就航で、2019年12月15日(ヘルシンキ発)より就航が開始します。札幌発は12月16日から。週2便での就航予定です。発着時間等については追ってお知らせとのこと。
※札幌を午前中に出発し、ヘルシンキは夕方に出発。

2つ目は成田発着便の一部変更です。先ほどのJALと同じように、2020年サマーダイヤから羽田空港からの発着便ができます。

そして最後に、関西路線が2020年サマーダイヤから2便増便することになっています。合わせて、週12便になります。


※札幌便についてフィンエアー公式HPではコチラから。
※2019年10月27日(日)~2020年3月28日(土)のウィンターダイヤ時刻表はコチラから。


[2020年サマーダイヤ就航都市情報]
新千歳(CTS)− ヴァンター(HEL)
成田(NRT)− ヴァンター(HEL)
羽田(HND)− ヴァンター(HEL)
中部国際(NGO)− ヴァンター(HEL)
関西国際(KIX)− ヴァンター(HEL)
福岡(FUK)− ヴァンター(HEL)


[フィンエアーHP]
https://www.finnair.com/jp-ja




スカンジナビア航空(SAS)


©️Scandinavian Airlines


スカンジナビア航空は近年の就航状況の変更はなさそうです。変わらず、成田−コペンハーゲン便が就航しています。


[2020年サマーダイヤ就航都市情報]
成田(NRT)− カストラップ(CPH)


[スカンジナビア航空]
https://www.flysas.com/jp-ja/




参考:

日本政府観光局(JNTO)「2018年 国籍別 / 目的別 訪日外客数 (確定値)」

https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/tourists_2018df.pdf

Ad Link
Recommended
こんにちは、Norr…
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial
PAGE TOP