北欧情報メディアNorr

北欧情報メディア

SHARE WITH US!! デンマーク / Denmark 仕事 / Work

デンマークの働き方:ゼロ残業の光と影

当記事は『ひぐち@デンマークで仕事中🇩🇰』さんよりご寄稿いただきました。


以前から噂に聞いていたけれど、やっぱりデンマークの会社の残業は少ない、というかほとんどゼロです。

そして、ネットで「北欧 残業しない」と検索すると、残業がゼロに近いことを褒めちぎる記事がたくさん出てきます。確かに素晴らしいのですが、実際に働いてみると100% 完璧なものでもないことも気がついてしまいました。

何かというと・・・

Ad Link


教育や育成に割く時間も「ゼロ」という冷たい現実。


例えば、日本で一般的な新卒研修や、先輩・後輩制度(OJT制度、ブラザー/シスター制度とも言われます)はほぼ存在しない感じ。基本、仕事を手取り足取り教えてもらえるような機会はありません。

また、「経験に良いだろうから、彼にやらせてみようか」や「彼女はそろそろ昇進だから、1つ上の仕事を任せてみようか」というような、部下の育成を考えた仕事の割り振りというのもおそらく珍しいと思います。


なぜか?


1つは、「他人の教育・指導」はものすごい時間食い虫だから

先輩として後輩指導にあたった方や、管理職として部下をもった方は経験があると思いますが、教育や指導って相当労力を使います。

仕事を丁寧に説明する時間、相談に乗って一緒に考える時間、部下・後輩がミスった時に一緒にリカバリーする時間・・・。

本来なら自分の仕事をしないといけない時間を削って、教育や指導に時間を使うので、結局最後は残業でカバーせざるを得ないこともしょっちゅう😭 

でも、それで後輩や部下が成長してくれば、より大きな仕事を任せられるので、長期的な「投資」として労力を割くわけです。

一方でこの「投資」は短期的に見るととてもムダ。教育や指導に使った時間に本来業務を進めれば短期的な生産性はグッとあがります⤴︎

つまり、デンマーク式ゼロ残業では「残業しないで家に帰る → 日中に本来業務をちゃんとする → 他人の教育・指導に割く時間はない」という合理的なロジックに陥るのだと思います。

キャリア的に痛手なのは、「1つ上の仕事や新しい仕事を任せてもらえる機会が圧倒的に少ない」というポイント。

日本の場合、若手に大きな仕事を任せて経験値を稼がせる・昇進させるという仕組みが日常茶飯事的に機能します。仕事を任せて失敗しても上司・先輩の残業というコストでカバーできるからです。だからポテンシャルさえあれば、色々な仕事にチャレンジがしやすかったり、部署異動で新しい能力をゲットしやすかったりします。

でも、デンマークの会社ではみんな残業したくないから、「失敗しない人」にしか仕事を振りません。結果的に、経験が浅い若手の成長チャンスは限られるので、キャリア成長せずに現業で甘んじるか、リスクが高い転職でキャリア成長を狙うかの2択になってしまうような雰囲気を感じます。


***


そして2つ目の理由は、そもそも研修や指導が必要な人を採用しないということ

デンマークでは、「職務内容をあらかじめ明記するジョブ型採用」が当たり前なので、職務内容に必要なスキル・知識・経験を持っていない人(≒ 別途研修や指導係が必要な人)を採用する発想がありません。

以前👇のnoteでも紹介した通り、ジョブ・ディスクリプションで求めているスキルや経験が完璧にマッチしないと書類審査が突破できないぐらい難関なのです。採用された時点で「初日からすぐに働き始められる」と確信しているから研修や指導係は不要という発想です。


↪︎『デンマークでの仕事の探し方② デンマークは書類選考が最難関』


正直、これは学校を卒業したばかりの若者には厳しい世界。

多少学歴があっても、キャリアも経験もなければ、書類審査を突破できない・・・。

実際、OECDが集計しているOECD加盟国の失業率を見ると、デンマークの25歳以上の失業率は4.6%ですが、25歳未満の若年失業率はなんと驚きの11.7%。(欧州の中ではまだ良い方ですが・・・)

僕がプライベートで手伝っているソーシャルスタートアップ「The Clothing Club」のボランティアメンバーは20代が多いのですが、みんな就職活動中。それが普通ので若者はチャンスを掴むのが本当に大変そうです。

結局、「残業ゼロを徹底する → 社員の生産性が超重要 → 成果をすぐに発揮できる経験者のみ採用 → スキル・経験がない若手は就職難」という不公平な社会構造を作り出しているのかもしれません。

もちろんデンマークでは、若年層の失業率対策としてユニーク(だけど半ばブラック)なインターンシップ制度を取り入れたりしています。面白い仕組みなので今度noteで紹介します。


ちなみに日本の場合、25歳以上の失業率が2.6%、25歳未満の若年失業率は4.5%。OECD加盟国の中では若年失業率が最も低い国です。

失業率データの出所:
OECD (2021), Unemployment rate by age group (indicator).
doi: 10.1787/997c8750-en (Accessed on 02 February 2021)


***

健康を害するほどの残業、家族との時間がなくなるぐらいの残業、正当な対価が支払われないサービス残業、これらが悪なのは間違いなく、無くすべきものと思います。

でも、残業を減らす過程で、真っ先にダメージを受けるのは「長期的な観点で他のメンバーを育成する余裕」、そして社内での成長機会かもしれません。

その時に真価を発揮するのが複業かもしれませんが、話が長くなってしまったのでまたの機会にしようと思います。

〜〜〜

追記: 複業については👇の記事を書きました!

『成長につながった僕の複業体験−「#成長につながる複業とは」』


(※当記事は2020年12月20日に寄稿された時の情報です。)


〜編集者ひとことメモ〜
北欧の働き方でよく言われる「ゼロ残業」。聞こえは良いですが、その背景にはこうした理由があったのですね。欧州や米国ではジョブ型の採用が主流で、むしろ日本のようなメンバーシップ型の採用方式は珍しいというのはよく聞く話。失業率という数値から見ると、日本の状況が良さそうですが、実際の労働環境、生産性から見るとどっちが良いのでしょうか、、現場を知る方からの貴重な声でした。ひぐちさん、素敵な記事をありがとうございます!Mange tak!!(Norrライター:Ren)


今回ご寄稿いただいた『ひぐち@デンマークで仕事中🇩🇰』さんの詳細は下記リンクよりチェックできます。デンマークでお仕事されている樋口さんより耳寄りな現地情報が欲しい方は要チェックです!


ひぐちさんプロフィール:
*北欧デンマークで働く40歳。東京/横浜のThe大企業で14年間しっかり働いてましたが、奥さんがオーフス大学院への留学を決め、思い切って19年夏に会社を退職しました。奥さん応援隊(主夫)を経て、今は現地企業でデンマーク人達とヒュッゲに仕事中です。北欧流の働き方や日常を毎日投稿してます♪*


Recommended
当記事は『スーイのフ…
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial
PAGE TOP