北欧情報メディアNorr

北欧情報メディア

ノルウェー / Norway

ノルウェーってどんなとこ?

ノルウェーと聞いた時、昔はフィヨルドのイメージが強く、北欧の中でも特に自然が豊かな国の印象がありました。



日本のスーパでもノルウェー産のサーモンが多く出回っているので、生活レベルでノルウェーと日本は関係性があるようです。名前は知ってるけど、どんな国なのかはあまりわからない、そんな人も多いかもしれません。

Ad Link




まずはノルウェーの地理から見ていきましょう↓



かなーり細長い国ですね。
特に北に行けば行くほど、東側に伸びていきます。この地図から見ても一目瞭然、スウェーデンとフィンランドは北極海に面していないんです!


もうすこしノルウェーについて見ていきます。

正式名称:ノルウェー王国(Kingdom of Norway)

●人口:約531万人

●面積:39万㎢(日本とほぼ同じ:38万㎢)

●人口密度:13.6人/㎢(日本は348人/㎢)

●首都:オスロ

●公用語:ノルウェー語

●通貨:ノルウェー・クローネ(NOK)


オスロ・オペラハウス


人口・面積はフィンランドと似ています。

日本と比べると人口の少なさが顕著ですね。


首都オスロはノーベル平和賞の授与式が行われたりと有名ですが、他にも有名な都市は多くあります。世界文化遺産にも登録されている「第2の都市ベルゲン」、オーロラスポットで有名な「トロムソ」などなど。


北にあるイメージが強いノルウェーですが、首都オスロの緯度はどれくらいなのでしょうか?

オスロは北緯59.9度にあります。札幌が北緯43.1度なのでそれよりもかなり北にあることがわかります。


日本との時差は−8時間です(サマータイムは考慮しない)。

つまり、東京が1月1日午前8時のとき、

オスロは1月1日午前0時ということです。


ノルウェーに旅行するときは日本から直行便が出ていないため、経由していく必要があります。いくつか行き方はありますが、ここでは北欧を経由した行き方(オスロまで)を紹介します。


①スカンジナヴィア航空:
成田−(11.5時間)−コペンハーゲン−(1.5時間)−オスロ


②フィンエアー:
成田−(10.5時間)−ヘルシンキ−(1.5時間)−オスロ

中部−(10.5時間)−ヘルシンキ−(1.5時間)−オスロ

関空−(10.5時間)−ヘルシンキ−(1.5時間)−オスロ


日本からも直行便が出て、行きやすくなる日が来るといいですね!


参考:

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/norway/data.html#section1

https://www.visitnorway.com/

Recommended
フィンランドと聞いて…
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial
PAGE TOP