北欧情報メディアNorr

北欧情報メディア

デザイン / Design 文化 / Culture

プロのLEGOアーティストって?~デンマークが生んだ世界的おもちゃの歴史と魅力に迫る~

 北欧と言えばデザインが有名ですが、皆さんは北欧デザインと聞いてまず何が思い浮かぶでしょうか。

IKEAやMarimekko、Flying Tigerといった家具や雑貨のブランドは日本でも高い人気と知名度を誇り、「家具を買うなら必ずIKEAで全部揃えてます!」という方も少なくないでしょう。

Ad Link

そんな日本人の大好きな北欧デザインですが、ここまで名前の挙がってきた家具や雑貨ブランドとは違った分野において、高いデザイン性を発揮しているブランドがあります。

そう、LEGOです

皆さんが知っての通り、LEGOは世界的に有名なおもちゃブランドで、あのびっくりするほど単純な形をしたブロックを見たことのない人は恐らくいないでしょう。

実はLEGOはデンマーク生まれのブランドで、あの物凄くシンプルな形のおもちゃには北欧デザインの特徴であるミニマルで飽きの来ないデザイン性が見られます。

レゴと聞いて「あー、子供のおもちゃね」と切り捨ててしまっている人は本当に勿体ない!レゴブロックは玩具として非常に優れたアイデアであり、ブロックをただ組み合わせていくという行為は単純ですがその単純さゆえにあのおもちゃは無限の可能性を秘めています。

レゴの魅力について本当はもっと語りたいところですが、一旦我慢してここでレゴの基本情報を紹介します。

LEGOの基本情報

LEGOは1932年、オーレ・キアク・クリスチャンセン氏が木製のおもちゃを販売する会社を立ち上げたところから始まりました。‘47年からプラスチックを使用した製品の開発を始め、’49年に私たちがよく目にするあの長方形のブロック「オートマティック・バインディング・グリップ」を発売。‘61年には車輪、’74年には人間のレゴファミリーを追加し、幼児用のシリーズ「プリモ」や、MITとの共同開発によって作られたコンピュータとの接続可能な「マインドストーム」等、様々な種類のプロダクト開発を行っています。

LEGO社が提供するのはあのシンプルでカラフルなブロックのみで、遊ぶ人は自らの創造性を働かせてブロックを組み合わせ、思い思いの立体を作って遊びます。LEGOの社名はデンマーク語の「leg godt(よく遊べ)」に由来し、この何のルールも存在しないシンプルな遊びのスタイルは「leg godt」を見事に体現していると言えるでしょう。

LEGOにはブランドとしての確固たる信念があり、ホームページ上では自らのブランドを六つのキーワードによって説明しています。

  • 想像力
  • 創造性
  • 楽しみ
  • 学び
  • 思いやり
  • 品質

ここではLEGOの製品を通して得られる価値を六つに分けて説明しており、これらのキーワードはLEGOのオリジナル性と品質を保証するものであると述べています。LEGO製品は一見ただの子供のおもちゃに見えるかもしれませんが、こうしてみると確固たる信念の基良いモノを作っていこうとする会社の熱量が感じられます。

大人のLEGO好き?~Adult Fan Of Legoとは~

ここまでLEGOの基本情報やブランドとしての信念についてずらずらと書き連ねてきましたが、LEGOの本当の魅力はやはり自らの想像力を働かせてモノを作るときに感じるワクワクを与えてくれることで、そしてそこは大人も子供も関係ありません。

世の中にはレゴ好きの大人によるコミュニティー、AFOL(Adult Fan Of Lego)というものがあり、そこでは無邪気にLEGOに熱中し、自らの作品をネット上にアップする大人たちの姿があります。「ブロックを積み重ねて何か作る」というシンプルで奥深い行為は年齢関わらず多くの人を魅了しているのです。

Lego Certified Professionals(レゴのプロフェッショナル)

LEGOのシンプルな魅力は年齢を問わず、大人のLEGO好きを世界中に生み出しました。そしてその大人たちの中には人生をLEGOに捧げ、その作品のレベルをとんでもない領域に引き上げていった人たちがいます。LEGOは会社として、そういった熱いLEGOファンの中でも特に際立ったスキルと情熱を持った人を選び、Lego Certified Professionals即ちLEGOのプロフェッショナルとして認定しています。

これに認定されるにはかなり厳しい条件があるらしく、Lego Certified Professionals(通称LCP)は2019年6月現在の時点で世界にわずか14人しか存在しません。ここに名前を連ねることはAFOLの中でも最高の栄誉と言えるでしょう。

Nathan Sawaya~ LEGOで作る現代アート~

今回はそんなLEGOのプロフェッショナル、LCPの中でもひと際強い存在感を放つ人物を紹介します。その名もNathan Sawaya。

彼は高いスキルを持ち合わせているのはもちろんなのですがその作品はLEGOブロックで作りだせる世界を明らかに超えています。他のLCPメンバーがアイアンマン等既存のキャラクターをLEGOで作ることでテクニックを競っている中(それでもかなりすごい)Nathan Sawayaはなんと完全オリジナルのアート作品を生み出しており、その感性は現代アートの世界で高い評価を受けるレベルに達しています。

彼が2007年に始めた作品の展示会「THE ART OF THE BRICK」は世界で初めてLEGOブロックにフォーカスした展示会となり、北アメリカ、アジア、オセアニア等世界中で開かれ高い評価を受けています。

最早完全に子供用のおもちゃのレベルを飛び越えた話になっていますが、こんな話が生まれるのもLEGOブロックが高い創造性を促す上で優れたデザイン性を持っているという証明なのではないでしょうか。

Nathan Sawayaの凄さが分かる動画です。是非ご覧ください↓

子供も大人もみんなモノづくりに夢中にさせるあの単純なブロックは、北欧デザインの中でも有数の傑作と言えるでしょう。何かワクワクするようなことがしたい大人の方は、あえてLEGOで遊んでみるのも良いかもしれません。

参考文献


LEGO official web site: https://www.lego.com/ja-jp (2019年6月11日閲覧)

渡辺千春『北欧デザイン プロダクト』プチブラパブリッシング、2005
Recommended
お菓子を通してfik…
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial
PAGE TOP