北欧情報メディアNorr

北欧情報メディア

スウェーデン / Sweden 文化 / Culture 食 / Food

コーヒーを何杯も飲むスウェーデンのfikaの秘密

Hejsan!!こんにちは!

スウェーデン語と聞いて何が思いつきますか?そもそもスウェーデンって何語話すの?ってよく聞かれます。スウェーデンではスウェーデン語が話されています(他の北欧諸国もそれぞれの言語を話します)。


そんなスウェーデン語のなかで特に有名な単語が「fika(フィーカ)」です。あわよくば「フィカ」と読んでしまいそうですが、正しくは伸ばし棒を入れてフィーカです。

Ad Link




fikaって何?


フィーカとは、コーヒーを片手に甘いお菓子を食べながら家族・友人とその時間を楽しむことです。



これを聞くと「お茶をすること」「コーヒーブレイク」と同じだって思うかもしれませんね。たしかにコーヒーや紅茶を楽しむという点では同じです。

ただ、このフィーカは他言語に訳せない単語として知られています。つまり、他の国でフィーカに相当する単語がないんですね。このフィーカはスウェーデンの文化の根底にあると言っても過言ではありません。




いつ、どこで、だれとfikaするの?


フィーカはいつでもして良いことになっています。朝起きてすぐ、仕事終わりにちょこっと。仕事の合間にだって。どこでだってフィーカできます。


カフェに行っても良し、陽の光を浴びながら公園の芝生でしても良し。コーヒーと甘いお菓子があればそれだけで十分。

仲の良い友達とフィーカすることもあれば、職場の習慣として仲間たちとフィーカすることも。もちろん恋人とすることもある。


これから仲良くなりたい人にもフィーカを通して仲良くなれちゃうかも。それくらいスウェーデン人にとってフィーカは生活の一部とされているんです。1日に数回フィーカすると言われています。

それは職場であっても同じです。フィーカの時間を決めて20-30分程コーヒーとペストリーを囲みながら職場仲間と話すのが一般的です。電話に出ないことがあれば、それはフィーカをしているということかもしれません。



スウェーデンにとってfikaは大切な習慣


毎日決まってやることってありますよね。そんなイメージでフィーカは毎日楽しまれます。単に仕事、勉強の合間のコーヒーブレイクと言ってしまえばそれで終わってしまいますが、こうしたフィーカの合間にイノヴェーションが起きることもしばしば。

何か良いアイデアが浮かぶ時って、カフェでリラックスしている時であったり、友達とたわいも無い話をしている時であったりしませんか?フィーカは名詞としてだけでなくて動詞としても使われます。


Ska vi fika?(スカ ヴィ フィーカ?)」(フィーカしない?)


はスウェーデン人の常套句と言えるかもしれません。まだフィーカをしたことが無い方はぜひぜひ試してみてくださいね!!


参考:

https://sweden.se/culture-traditions/fika/

https://www.thelocal.se/20180525/these-are-2018s-best-places-to-have-fika-in-sweden

↑上記サイトにて2018年フィーカにぴったりのカフェ10選が載っています。

スウェーデンに行かれる際はぜひ!!

Recommended
最近日本でもペットボ…
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial
PAGE TOP