北欧情報メディアNorr

北欧情報メディア

ノルウェー / Norway 経済 / Economy 観光 / Sightseeing

必ずしも25%ではない?ノルウェーに行く前に知っておきたい消費税の秘密

どうもこんにちは、NorrライターのRenです。

ノルウェーに住み始めて早くも3週間が経とうとしております。生活には慣れてきて、同時にノルウェーの物価の高さにも慣れました。コーラー(500ml)1本300円なんて普通です。

そんなノルウェーでの暮らしを通して知った消費税率について今日はご紹介します。

まずノルウェーと聞いて何を思い浮かべますか?

「自然!!」
「フィヨルド!!」
「物価高い!!」

こんなところですか?全部正しいです。

僕の家のそばには羊の放し飼いをしている土地があります。(おそらく)ノルウェーで2番目に有名なフィヨルドが僕の住む街の近くにあります。そして最後の物価。

「高い!!」

先程も言いましたが高いんです。ノルウェーは世界で2番目に消費税が高い国と言われていてその税率は25%です。日本の8%(2019年8月現在)の3倍以上ですよね。

ちなみに世界一消費税が高いのはハンガリーの27%だそうです。


※この記事で取り上げている消費税とは付加価値税(VAT= Value Added tax)のことで同じものとします。

日本にいるとノルウェーは消費税が高い!!とよく言われますが本当はそうではない。必ずしも25%ではないんです。

Ad Link

ノルウェーの消費税の本当の姿


まず第一にノルウェーの消費税は3種類に分かれています。軽減税率というものですね。

※軽減税率:特定の商品の消費税率を一般的な消費税率より低く設定するルール(引用:Intage Gallery


①12%

②15%

③25%




①12%


交通機関利用(バス、電車、タクシー等)、宿泊費、公共放送、映画館、スポーツ観戦、遊園地など。

これといった共通点は見られませんが、こうしたサービスは12%と比較的低い消費税が課されています。


タクシー乗車時のレシートです。
“MVA12%”というのが消費税(≒付加価値税(VAT))に値します。




②15%


飲食料品全般

パン、クッキー、パスタ、ジャム、バター、チーズなど食品に関わるものには15%の税率が掛かります。


スーパーでの買い物時のレシートです。
“MVA15%”というのが消費税(≒付加価値税(VAT))に値します。




③25%


その他の商品、サービス

①②以外のものには25%が掛かります。

観光レベルだとここには、外食、アルコールなどが当てはまります。

生活レベルであると、トイレットペーパーや石鹸などの生活用品がここに当てはまります。


カフェ利用時のレシートです。
“MVA25%”というのが消費税(≒付加価値税(VAT))に値します。




消費税の対象外の商品、サービス


全ての商品やサービスに課されているわけではありません。

健康や教育に関するサービスは例外として課されていません。

又、書籍(本、新聞、雑誌など)は消費税免除の対象になっています。




賢くノルウェーを旅するには


ノルウェーの物価の高さは北欧諸国での随一です。

週末には物価の安いスウェーデンまでいってアルコールなどを買いに出かけることもあるんだとか。

観光でノルウェーに来るとなると、どうしても外食が多くなってしまいますよね。

25%の課税対象の品目を避けるため最近流行りのAirbnbに泊まって自炊してみては?

食料品を買いにスーパーを散策するのも旅の醍醐味かもしれませんね。

きっと日本にはない面白いことに気づくはず!!




参考:

ノルウェー税務省HP 付加価値税について:

https://www.skatteetaten.no/en/rates/value-added-tax/

ノルウェー関税機関HP 付加価値税免除品目について:

https://www.toll.no/en/

Intage Gallery HP 軽減税率について:

https://www.intage.co.jp/gallery/keigenzeiritsu/

Recommended
グレタ・トゥーンベリ…
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial
PAGE TOP