北欧情報メディアNorr

北欧情報メディア

ノルウェー / Norway 観光 / Sightseeing 記事 / Article

断崖絶壁の絶景プレーケストーレン徹底解説

こんにちは、NorrライターのRenです。今回は観光系の記事です。


ノルウェーと聞いて思い浮かべるものに、「自然」があると思います。雄大な自然を有するノルウェーは世界屈指のアウトドア大国です。

そんなノルウェーの観光名所である「プレーケストーレン(Preikestolen)」は日本に留まらず、世界中から観光客がやって来ます。プレーケストーレンとはノルウェー語で「演説台」を意味していて、その名の如くフィヨルドに突き出た直方体の一枚岩は演説台そのものです。

何と言ってもその魅力は604mから見下ろすリーセフィヨルド。「死ぬまでにみたい絶景」に数えられることも少なくないプレーケストーレン。今回は、プレースケストーレンへの行き方と、その道中、そして実際に行く際に気をつけるべきことをまとめました。

プレーケストーレンの最寄り町スタヴァンゲルに在住経験のあるライターRenが実際に使った手段を元に書いてみます。ぜひご参考に!

Ad Link


リーセフィヨルドに突き出るプレーケストーレン
©︎Ren Matsuki




プレーケストーレンって?


まずは、そもそもプレーケストーレンって何?という方に向けて。プレーケストーレンはノルウェー語で「Preikestolen」と綴ります。これは「演説台」や「説教台」を意味します。英語では「The Pulpit Rock」と呼ばれています。位置するのは、ノルウェー南西部にある第4の町スタヴァンゲル近郊です。ノルウェーでスタヴァンゲルは石油の町として有名ですが、世界的にはこの観光地がある町として広く名が知れ渡っています。

ノルウェーは自然と繋がった観光地を多く有する国で、プレーケストーレンの他に「イェラグ(Kjerag)」や「トロルの舌(Trolltunga)」などが有名です。それでも、プレーケストーレンが特に人気な理由に、「ハイキングのし易さ」があります。ノルウェーの観光サイトなどをみてみると、多くの場合、イェラグやトロルの舌は高難度のハイキングスポットになっています。一方、プレーケストーレンは中級レベル(サイトによってはビギナー向けとされている場合もある)なので比較的登頂し易いというメリットがあります。

こういうわけで世界中から毎年沢山の観光客がスタヴァンゲルまでやってくるわけです。その推移は以下のグラフで一目瞭然です。


プレーケストーレン訪問者数変遷
Preikestolen 365 HPより


プレーケストーレンの魅力は何と言っても、604mから見下ろすリーセフィヨルドの絶景です。それに加えて、柵が全くないので臨場感を持って楽しめます。

片道3.8kmのコースになっていて、高低差は330mです。 多くのサイトでは片道2時間ほどかかるとされています(僕は休憩なしで1時間半弱で到着しました)。


©︎Ren Matsuki


世界的に有名になったプレーケストーレン。2017年にCNNが発表した「50 awe-inspiring natural wonders for your bucket list」にも数えられているほどです。しかし、最初にプレーケストーレンが発見されたのは1900年頃と100年少し前のことです。意外と新しい観光地なのかもしれません。きっと最初に発見した人は、フィヨルドに顔を出す25m四方の大きな一枚岩に驚愕したに違いありません。

この奇妙で巨大な自然物は1万年前に氷河活動によって作られたとされています。発見当初は、Hyvlatånnåと呼ばれていたそうで、これは平らな歯(planed tooth)を意味します。今は「演説台」を意味するプレーケストーレンもかつては「平らな歯」と呼ばれていたようです。この名称の変更はハイキングスポットとしてのPRの狙いがあったとか。


プレーケストーレンについてわかったところで、実際にどうやって行けばいいのか詳しくみていきましょう!!







プレーケストーレンまでの行き方


ノルウェーは山々した地形が特徴的です。アップダウンが激しいということですね。それに加えて、自然環境に対する配慮なのかそこまで容易に観光名所に辿り着けません。

余談ですが、山々した地形柄、ノルウェーの生活で自転車移動は少し大変です。もちろん自転車を利用する人は沢山いますが、坂が多いのでそれなりに体力が必要です。一方、デンマークは「パンケーキの国」と呼ばれるまでに平坦な地形(海抜147mが最高峰)で、これが自転車の爆発的な普及を促したと考えられると思います。

話をノルウェーに戻して、観光レベル(ノルウェー在住などでない場合)だとツアーを利用した方が安心です。バスの送迎(指定された時間内でハイキングする)をしてくれるサービスです。ツアー以外にもレンタカーで麓まで行ってパーキングに停めてからハイキングも出来ます。

何れにせよ行き方は大きく2種類になると思います。


©︎Ren Matsuki




①ツアーを利用する


ツアーと言ってももちろん複数の企業が提供するプランがあります。どのプランもだいたいが6時間程の旅程になっています。一般的なハイキングのスピードだと麓からプレーケストーレンまで片道2時間のコースです。


>gofjord


フィヨルド観光は「gofjord」というツアーサイトが主流のようです。こちらを見ると(2020年7月13日現在)、送迎バス(往復)は大人がNOK329(NOK1=12円で計算すると、3,948円)です。時期によっては、ペアチケットがNOK499(5,988円)になるようなので、詳しくはホームページでご確認下さい。

又、片道プラン(往路と復路が別日)もあります。麓のコテージに泊まりたい方、テントを張って一晩プレーケストーレンで滞在したい方にオススメです。




>Pelle’s Reiser


Pelle’s Reiserは僕が実際に利用したプランです。gofjordよりも安く、時間的な融通が効くと思います。僕がプレーケストーレンに行った2020年6月23日時点では、一人当たりの送迎代はNOK270(3,240円)でした。新型コロナウイルスの影響もあって、観光シーズンにも関わらず閑散としていて、バスに乗車していたのは僕だけでした。

このプランを利用する上で、1つだけ注意点があります。多くのプレーケストーレンのツアーはスタヴァンゲルの中心部でバスが発着するのですが、このプランはスタヴァンゲルから車で1時間ほどのところにあるSolbakkという小さいバスターミナルまで自分で行く必要があります。

そこまで行くバス代やその他の手間を加味すると、他のツアーを利用した方が良いかもしれません。ちなみに当時僕は「大学院生」としてスタヴァンゲルに住んでいて、一定範囲内での交通機関利用が無料だったのでこのプランを利用しました。





②レンタカーで行く


車で行くメリットとしては、時間に縛られず色んな時間のプレーケストーレンを楽しめることだと思います。バスツアーだと遅くても帰りのバスが18時頃であることが多いです。観光シーズンのノルウェーの日没は夜22〜23時頃になるので、「綺麗な日の入り(または日の出)を見たい!」という方はレンタカーで行かれた方が良さそうです。又、そのままKjerag(崖と崖の間に挟まった楕円型の大きな岩が有名なハイキングスポット)に行きたい方も車でそのまま向かえるのでレンタカーだと便利ですね。

ここではレンタカーで行く上で気になるであろう情報を載せておきます。まず、レンタカーの会社。これについては僕自身が利用経験がないのでオススメできかねますが、検索で上位にヒットしたサイトを載せています。ピックアップできる場所や値段についてはサイトにてご確認下さい。



車で向かうときに注意しておきたい点についてです。

まずは、通行料(Toll)がかかるようです。プレーケストーレンの麓までに海底トンネルを通るのですが、その通行料が1台当たりNOK134(1,608円)かかるようです(→Pulpit Rock Tours参照)。

それから、麓での駐車場についてです。Preikestolen365という公式サイトによると、1台当たりNOK250(3,000円)かかるようです。駐車場の収容台数は1000台。このパーキングエリア付近にコテージやお土産屋さんなどがあります。




③クルーズツアーで観光する


これは補足ですが、「ハイキングはちょっと、、」という方には、クルーズツアーが良いかもしれません。604mにそびえるプレーケストーレンを下から見上げる形になりますが、又違った角度から楽しめるはずです。クルーズしながら、フィヨルドの大自然をきっとリアルに体感できるはず!

クルーズツアーについても僕自身が利用したことがないので、検索上位のサイトの情報を載せます。

RØDNE FJORD CRUISE」というサイトが提供しているフィヨルドツアーの詳細です。


●朝のクルーズツアー

  • ツアー代:580NOK(15歳以下の子供は無料)(6,960円)
  • ツアー期間:7〜8月
  • 旅程:10時出発の3時間のクルーズツアー


●夕方のクルーズツアー

  • ツアー代:[大人] 580NOK(6,960円) 
    [子供(4〜15歳)] 320NOK *4歳未満は無料(3,240円)
    [家族チケット(大人2人と子供4人まで)] 1600NOK(19,200円)
  • ツアー期間:7〜8月
  • 旅程:16時出発の3時間のクルーズツアー


あくまでも一例なので、時期や時間帯によって価格は変動します。必ずホームページにてご確認下さい。




④その他の楽しみ方


こちらも補足になります。プレーケストーレンの楽しみ方は時期によって変われば、行き方によっても変わります。先述の通り、バス送迎やクルーズツアーがあるのですが、それらが合わさって1つになったツアーもあったりします。

「クルーズである程度のところまで行って、そこで下車してハイキングする」といったところです。

「RØDNE FJORD CRUISE」というサイトが提供している「クルーズ&ハイキングツアー」の料金は、大人(16歳以上)930NOK(11,160円)、子供(4-15歳)570NOK(6,840円)です(*4歳未満は無料)。こちらは9時間のツアーになっています。

Recommended
スタヴァンゲルという…
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial
PAGE TOP