北欧情報メディアNorr

北欧情報メディア

スウェーデン / Sweden 生活 / Life 経済 / Economy 記事 / Article

消費税25%ではない?スウェーデンの軽減税率を徹底解説

高税率な国として知られるスウェーデン。中でも消費税(付加価値税=VAT(Valued Added Tax)を意味します)は25%と世界的に見てもかなり高いですよね。それでも、全てのサービスや物品に対して25%が課されているわけではありません。いわゆる軽減税率が適応されています。

※軽減税率:特定の商品の消費税率を一般的な消費税率より低く設定するルール(引用:Intage Gallery


今回はそんなスウェーデンの軽減税率について細かく解説します。旅行・留学程度の消費税率であれば基本的に網羅しています。お急ぎの方は「1分でわかるスウェーデンの消費税」へどうぞ!

Ad Link

スウェーデンの消費税は3段階


スウェーデンの消費税は必ずしも25%ではなくて、サービスや物品によって3段階にさらに分類されています。


①6%
②12%
③25%



①6%


  • 交通機関(バス、タクシー、電車、飛行機(国内線))
  • コンサート・サーカス・映画・劇場・バレエ・オペラ(これに類するチケットも含む)
  • 図書館・博物館・動物園
  • スポーツイベント参加費(スポーツ観戦も含む)
  • 書籍(小冊子、パンフレット、リーフレット、絵本、ぬり絵も含む)
  • 新聞・雑誌
  • CD・カセットテープ
  • 楽譜
  • 地図(壁掛けの地図、地形図も含む)




②12%


  • 食料品(飲み物(アルコール度数の低いビール含む)も含まれます)
  • 宿泊費(ホテル・ゲストハウス・ホステル含む)
  • レストラン飲食・ケータリング利用
  • キャンプ施設利用




③25%


①②以外のサービス・物品は全て25%の消費税が課されます。


例えば、、

  • 多くのアルコール飲料(スピリッツ・ワイン・アルコール度数の高いビール)
  • タバコ
  • 医薬品
  • 化粧品
  • ペット用品(ドッグフードなど)
  • カレンダー
  • ノート
  • メモ帳
  • オーディオブック
  • メッセージカード


少し細かいですがこれらの物品には25%の消費税が課されます。




消費税の非課税対象


消費税が免除されているサービス・物品もあります。

  • 歯科診療費
  • 医療費(治療の一環として投与される医薬品も課税非対象)
  • 教育費

などがあります。




スウェーデンの消費税は高い?


スウェーデンの消費税が3種類に分かれていることがわかりましたか?消費税率が高く思えるスウェーデンも、博物館や交通機関を利用する際は6%と比較的低い税率になっています。

それぞれの税率を意識しながら旅行・生活するのはなかなか大変ですが、少しだけ頭に入れておくと、賢くスウェーデンを満喫できるかもしれませんね。


以前取り上げたノルウェーの消費税についてはコチラからどうぞ!


参考:

スウェーデン税務署HP:「The VAT Brochure(PDF)」

Recommended
こんにちは。Norr…
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial
PAGE TOP